ABOUT ME

グッナイ小形


1991年、火星生まれ。


「まるでシャガールの絵」と評された感情や生活が絡み合った、楽曲が特徴。

音楽は言葉、としか考えていない。

友部正人などフォークソングに多大な影響を受けて、現代にフォークソングの復権を狙っている。

上京後、ほぼ毎日のペースで、JR高円寺駅北口広場で歌っている。


幼少から人知れずビクビクしながら歌詞を書いていた。

2015年、初めてオリジナル曲を人前で歌うと、意外と高評価で調子に乗り始める。

2016年 ギターに「きやくん」を迎えてユニット「なんでもない」を結成。個人名を「チャンピオン浜田」に変更。2月に北海道小樽市でワンマンを決行。6月にミニアルバム「火星旅行」を発売。

ミニアルバム発売をきっかけに、徐々に自分でもギターを弾き始める。

7月 ギター「きんにくほしい」とともにダブルギターユニット「突然のあしぶみ」を結成。札幌を中心に音楽活動を展開。名前を「グッナイ小形」に変更。9月~2月まで計6回自主企画live "Time of Thief"を札幌市で開催。 (現在も、引き継がれて開催中)

2017年 2月、上京。東京高円寺を中心に現在音楽活動を行う。

4月に、突然のあしぶみ1st Single 「おやすみ」を発売。

7月、りんご音楽祭最終予選進出、敗退。

10月には、初の個人名義での初アルバム「明日の夕焼け見るために、今夜は踊ろう」を発売予定。